サイトメニュー

明るく生活するには

カウンセリング

費用とその種類を頭に入れておく

近年注目されている病気の一つが、うつ病になります。うつ病の原因は様々ですが、将来のことを考えると暗くなってしまったり、やりたくない仕事を毎日行ったりしているとうつ病になる可能性があります。もともと自律神経の病気といわれていますので、自律神経のバランスが悪い人がうつ病になりがちです。現在日本では、患者数が110万人を超えており潜在的に病気になっている人まで含めて考えると、その何倍かの人数がいるといわれています。その割には、まだそこまで病気に対する理解が深まっていない種類といえるでしょう。では、もし自分がうつ病になってしまった場合どのように対処したらよいでしょうか。基本的に、軽度の場合は日常生活を営むのにそれほど支障はりません。可能な限りその段階で病院に行っておけば、会社に行けなくなるほどの病状になることはなくなるはずです。ですが、会社に行けなくなるような状態になった場合には、生活することができなくなる可能性があるため、障害年金などをもらう必要があります。障害年金の受給はハードルが高いため、専門家に依頼することが重要です。障害年金を申請するときに必要な書類の一つは診断書になりますが、これは初診の時の医者に書いてもらうべきです。そうでなければ、受理される可能性はないでしょう。この時の費用は、1000円程度になりますので負担は小さいです。ただ、それ以外の書類を書いてもらう時、弁護士などに依頼することになります。この時の費用は、着手金と成功報酬をすると30万円を超えることも少なくありません。

うつ病になり会社に行けなくなるとすれば、障害年金をもらう目的はただ一つです。それは、生活費をもらい生活を維持することです。うつ病により障害年金をもらうとなれば、長期的にもらうことになります。そのため、かなり重度なうつ病になっていることが条件です。一般的に、介護者が必要になるか介護者が必要になるぐらいの状態になっていることが需給するための条件になります。そのため、診断書を書いてもらうにしても、あるいは病院にかようにしても本人の力だけでは実行することができないことも多いため、可能な限り周りの家族などが助けてあげることが重要です。もし一人暮らしの場合は、定期的に本人に連絡を入れるか同居するように勧めるべきです。そうでなければ、さらに状態が悪くなり外にいくことすら不可能になってしまうかもしれません。このように、利用する目的はただ一つですが、実際に申請し受給してもらうとなると多くの人の力が必要になります。医者の力だけでなく、弁護士などの力や社労士の力も必要になることが少なくありません。もし、医者にかようとすれば可能な限り早く治すように自分自身でも気持ちの切り替えをしておくことが重要です。一般的には、投薬治療が行われることが多いものの、投薬治療だけでは目的を達成することはできません。つまり、根本的な完治には至らないわけです。あくまで薬は、一時的な症状を抑えるだけですのでそれ以上に自分自身でなぜうつ病になったのかに気がつく必要があります。そのためには、長期的にわたるカウンセリングが重要です。

Copyright© 2019 仕事ができないほど精神状態が悪化した時に理用できる制度 All Rights Reserved.