サイトメニュー

精神的に安定したい

紙幣

悩みごとの解決方法と選ぶ基準

世の中にはたくさんの病気がありますが、最近特に増えているのがうつ病になります。うつ病になった初期のころは、風邪をひいたときと違い自覚症状がほとんどない状態です。何となく気分がすぐれなかったり、暗い気持になることが多くなります。次第に、会社に行けなくなることが少なくないでしょう。今までまともに会社にしていた人が、「頭が痛い」「おなかが痛い」そして「熱が出た」などと言って休み始めた場合には、うつ病の証拠といってもおかしくありません。それ以外にも、物事が決められなくなったり、憂うつになり無気力になるだけでなく手首を切るようなこともあります。このような状態が続く場合には、まともに会社に行けるわけがありませんので生活自体も追い込まれてしまう可能性が高まるでしょう。もしうつ病になってしまった場合には、素直に会社を休んで治療に専念した方がよいでしょう。そうすると、「会社に行かないのに生活はどうしたらいいのか」と疑問に思うかもしれません。この場合には、障害年金の受給をする方法もあります。障害年金とは、体の障害が生じた場合でしかも会社に行けないレベルに達した場合にもらえるものです。障害年金と同じように傷病手当金と呼ばれるものもありますが、こちらは申請が簡単で審査に通りやすいのが特徴です。そこで、どのようにして障害年金の審査を通すかが問題になりますが、一番重要なのは書類の作成に関してでしょう。書類に関しては、一番重要なものか医者に書いてもらう診断書になります。しかも、障害認定基準で問われている項目に該当するかが重要になるところです。

うつ病になった場合、障害年金をもらうにしても結局は申請しただけでもらえる可能性は少ないといってよいです。なぜかといえば、現在年金受給者が増えているため国としてはあまり年金を支払うことに対して消極的な考え方を持っているからです。確かに、このまま年金受給者が増えれば、やがて国の負担が大きくなり破たんに近付いていくでしょう。そのような意味においても、うつ病で障害年金を受給するのはかなり困難な技になります。とはいえ、障害年金自体は、憲法25条の「必要最低限度の生活」を維持するために作られたものの一つです。そのため、本当の意味で生活はできない状態に追い込まれているならば、障害年金を申請し受理しても問題はないはずです。では、どのようにしたら申請に通るかといえば、処理が適切に書かれているかどうかですので、まず初回の診療の時の病院をしっかり選ぶことが重要です。医者の中には、診断書を書いてくれないような人もいますのでよく確認をしておかなければいけません。医者としては過去義務がありますが、否定的に考えている医者は審査に通るかどうかまでは考えていない可能性があります。そのため、過去に障害年金の審査に通った医者に依頼すると良いです。次に、それ以外の書類もいくつかあります。例えば病歴に関するものや就労状況等申し立て所と呼ばれるものです。これは、診断書の次に重要な書類として知られています。これらの書類を作る場合には、自分で作成することは難しいため社労士や弁護士などにお願いをする必要があります。

Copyright© 2019 仕事ができないほど精神状態が悪化した時に理用できる制度 All Rights Reserved.